万葉集2839番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2839番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2839番について

歌番号

2839番

原文

如是為哉|猶八成牛鳴|大荒木之|浮田之<社>之|標尓不有尓

訓読

かくしてやなほやまもらむ大荒木の浮田の社の標にあらなくに

かな読み

かくしてや|なほやまもらむ|おほあらきの|うきたのもりの|しめにあらなくに

カタカナ読み

カクシテヤ|ナホヤマモラム|オホアラキノ|ウキタノモリノ|シメニアラナクニ

ローマ字読み|大文字

KAKUSHITEYA|NAHOYAMAMORAMU|OHOARAKINO|UKITANOMORINO|SHIMENIARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

kakushiteya|nahoyamamoramu|ohoarakino|ukitanomorino|shimeniaranakuni

左注|左註

右一首寄標喩思

事項|分類・ジャンル

地名|奈良県|五条市|恋愛

校異

成【紀】戌|杜->社【嘉】【類】【紀】【文】

寛永版本

かくしてや[寛],
なほやまもらむ,[寛]なをややみなむ,
おほあらきの[寛],
うきたのもりの[寛],
しめにあらなくに,[寛]しめならなくに,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました