万葉集2820番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2820番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2820番について

歌番号

2820番

原文

如是谷裳|妹乎待南|左夜深而|出来月之|傾二手荷

訓読

かくだにも妹を待ちなむさ夜更けて出で来し月のかたぶくまでに

かな読み

かくだにも|いもをまちなむ|さよふけて|いでこしつきの|かたぶくまでに

カタカナ読み

カクダニモ|イモヲマチナム|サヨフケテ|イデコシツキノ|カタブクマデニ

ローマ字読み|大文字

KAKUDANIMO|IMOMACHINAMU|SAYOFUKETE|IDEKOSHITSUKINO|KATABUKUMADENI

ローマ字読み|小文字

kakudanimo|imomachinamu|sayofukete|idekoshitsukino|katabukumadeni

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

かくだにも,[寛]かくたにも,
いもをまちなむ,[寛]いもをまたなむ,
さよふけて[寛],
いでこしつきの,[寛]いてくるつきの,
かたぶくまでに,[寛]かたふくまてに,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました