万葉集2726番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2726番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2726番について

歌番号

2726番

原文

風不吹|浦尓浪立|無名乎|吾者負香|逢者無二|[一云|女跡念而]

訓読

風吹かぬ浦に波立ちなき名をも我れは負へるか逢ふとはなしに|[一云|女と思ひて]

かな読み

かぜふかぬ|うらになみたち|なきなをも|われはおへるか|あふとはなしに|[をみなとおもひて]

カタカナ読み

カゼフカヌ|ウラニナミタチ|ナキナヲモ|ワレハオヘルカ|アフトハナシニ|[ヲミナトオモヒテ]

ローマ字読み|大文字

KAZEFUKANU|URANINAMITACHI|NAKINAOMO|WAREHAOHERUKA|AFUTOHANASHINI|[OMINATOMOHITE]

ローマ字読み|小文字

kazefukanu|uraninamitachi|nakinaomo|warehaoheruka|afutohanashini|[ominatomohite]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|尫柜蹋|恋愛|異伝

校異

特に無し

寛永版本

かぜふかぬ,[寛]かせふかぬ,
うらになみたち,[寛]うらになみたつ,
なきなをも[寛],
われはおへるか,[寛]われはおふかも,
あふとはなしに[寛],
[をみなとおもひて]

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました