万葉集2472番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2472番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

万葉集2472番について

歌番号

2472番

原文

見渡|三室山|石穂菅|惻隠吾|片念為|[一云|三諸山之|石小菅]

訓読

見わたしの三室の山の巌菅ねもころ我れは片思ぞする|[一云|みもろの山の岩小菅]

かな読み

みわたしの|みむろのやまの|いはほすげ|ねもころわれは|かたもひぞする|[みもろのやまの|いはこすげ]

カタカナ読み

ミワタシノ|ミムロノヤマノ|イハホスゲ|ネモコロワレハ|カタモヒゾスル|[ミモロノヤマノ|イハコスゲ]

ローマ字読み|大文字

MIWATASHINO|MIMURONOYAMANO|IHAHOSUGE|NEMOKOROWAREHA|KATAMOHIZOSURU|[MIMORONOYAMANO|IHAKOSUGE]

ローマ字読み|小文字

miwatashino|mimuronoyamano|ihahosuge|nemokorowareha|katamohizosuru|[mimoronoyamano|ihakosuge]

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|奈良|三輪|地名|植物|序詞|恋情|片思媿|異伝

校異

特に無し

寛永版本

みわたしの,[寛]みわたせは,
みむろのやまの[寛],
いはほすげ,[寛]いはほすけ,
ねもころわれは,[寛]しのひてわれは,
かたもひぞする,[寛]かたおもひをする,
[みもろのやまの[寛],
いはこすげ],[寛]いはこすけ,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました