筑波山

万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3388番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3388番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3388番について歌番号3388番原文筑波祢乃|祢呂尓可須美為|須宜可提尓|伊伎豆久伎美乎|為祢弖夜良佐祢訓読筑波嶺の嶺ろに霞居過ぎかてに息づく君を率寝て遣らさねかな読みつく...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3389番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3389番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3389番について歌番号3389番原文伊毛我可度|伊夜等保曽吉奴|都久波夜麻|可久礼奴保刀尓|蘇提婆布利弖奈訓読妹が門いや遠そきぬ筑波山隠れぬほとに袖は振りてなかな読みいもが...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3390番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3390番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3390番について歌番号3390番原文筑波祢尓|可加奈久和之能|祢乃未乎可|奈伎和多里南牟|安布登波奈思尓訓読筑波嶺にかか鳴く鷲の音のみをか泣きわたりなむ逢ふとはなしにかな読...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3391番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3391番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3391番について歌番号3391番原文筑波祢尓|曽我比尓美由流|安之保夜麻|安志可流登我毛|左祢見延奈久尓訓読筑波嶺にそがひに見ゆる葦穂山悪しかるとがもさね見えなくにかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3392番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3392番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3392番について歌番号3392番原文筑波祢乃|伊波毛等杼呂尓|於都流美豆|代尓毛多由良尓|和我於毛波奈久尓訓読筑波嶺の岩もとどろに落つる水よにもたゆらに我が思はなくにかな読...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3393番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3393番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3393番について歌番号3393番原文筑波祢乃|乎弖毛許能母尓|毛利敝須恵|波播已毛礼杼母|多麻曽阿比尓家留訓読筑波嶺のをてもこのもに守部据ゑ母い守れども魂ぞ会ひにけるかな読...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3394番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3394番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3394番について歌番号3394番原文左其呂毛能|乎豆久波祢呂能|夜麻乃佐吉|和須許婆古曽|那乎可家奈波賣訓読さ衣の小筑波嶺ろの山の崎忘ら来ばこそ汝を懸けなはめかな読みさごろ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3395番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3395番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3395番について歌番号3395番原文乎豆久波乃|祢呂尓都久多思|安比太欲波|佐波奈利努乎|萬多祢天武可聞訓読小筑波の嶺ろに月立し間夜はさはだなりぬをまた寝てむかもかな読みを...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3396番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3396番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3396番について歌番号3396番原文乎都久波乃|之氣吉許能麻欲|多都登利能|目由可汝乎見牟|左祢射良奈久尓訓読小筑波の茂き木の間よ立つ鳥の目ゆか汝を見むさ寝ざらなくにかな読...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3350番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3350番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3350番について歌番号3350番原文筑波祢乃|尓比具波麻欲能|伎奴波安礼杼|伎美我美家思志|安夜尓伎保思母訓読筑波嶺の新桑繭の衣はあれど君が御衣しあやに着欲しもかな読みつく...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3350S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3350S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3350S番について歌番号3350異伝歌番原文多良知祢能|安麻多伎保思母訓読たらちねの|あまた着欲しもかな読みたらちねの|あまたきほしもカタカナ読みタラチネノ|アマタキホシ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3351番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3351番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3351番について歌番号3351番原文筑波祢尓|由伎可母布良留|伊奈乎可母|加奈思吉兒呂我|尓努保佐流可母訓読筑波嶺に雪かも降らるいなをかも愛しき子ろが布乾さるかもかな読みつ...
タイトルとURLをコピーしました