創作

スポンサーリンク
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集853番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集853番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集853番について歌番号853番原文阿佐|阿末能古等母等|比得波伊倍騰|美流尓之良延奴|有麻必等能古等訓読あさりする海人の子どもと人は言へど見るに知らえぬ貴人の子...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集854番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集854番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集854番について歌番号854番原文多麻之末能|許能可波加美尓|伊返波阿礼騰|吉美乎夜佐之美|阿良波佐受阿利吉訓読玉島のこの川上に家はあれど君をやさしみあらはさず...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集855番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集855番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集855番について歌番号855番原文麻都良河波|可波能世比可利|阿由都流等|多々勢流伊毛|毛能須蘇奴例奴訓読松浦川川の瀬光り鮎釣ると立たせる妹が裳の裾濡れぬかな読...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集856番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集856番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集856番について歌番号856番原文麻都良奈流|多麻之麻河波尓|阿由都流等|多々世流古良何|伊弊遅斯良受毛訓読松浦なる玉島川に鮎釣ると立たせる子らが家道知らずもか...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集857番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集857番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集857番について歌番号857番原文等富都比等|末都良能加波尓|和可由都流|伊毛我多毛等乎|和礼許曽末加米訓読遠つ人松浦の川に若鮎釣る妹が手本を我れこそ卷かめかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集858番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集858番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集858番について歌番号858番原文和可由都流|麻都良能可波能|可波奈美能|奈美邇之母波婆|和礼故飛米夜母訓読若鮎釣る松浦の川の川なみの並にし思はば我れ恋ひめやも...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集859番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集859番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集859番について歌番号859番原文波流佐礼婆|和伎覇能佐刀能|加波度尓波|阿由故佐婆斯留|吉美麻知我弖尓訓読春されば我家の里の川門には鮎子さ走る君待ちがてにかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集860番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集860番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集860番について歌番号860番原文麻都良我波|奈々勢能與騰波|与等武等毛|和礼波与騰麻受|吉美遠志麻多武訓読松浦川七瀬の淀は淀むとも我れは淀まず君をし待たむかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集861番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集861番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集861番について歌番号861番原文麻都良河波|波能世波夜美|久礼奈為能|母能須蘇奴例弖|阿由可都流良訓読松浦川川の瀬早み紅の裳の裾濡れて鮎か釣るらむかな読みまつ...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集862番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集862番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集862番について歌番号862番原文比等未奈能|美良武麻都良能|多麻志末乎|美受弖夜和礼波|故飛都々遠良武訓読人皆の見らむ松浦の玉島を見ずてや我れは恋ひつつ居らむ...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集863番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集863番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集863番について歌番号863番原文麻都良河波|多麻斯麻能有良尓|和可由都流|伊毛良遠美良牟|比等能等母斯佐訓読松浦川玉島の浦に若鮎釣る妹らを見らむ人の羨しさかな...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集810番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集810番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集810番について歌番号810番原文伊可尓安良武|日能等伎尓可母|許恵之良武|比等能比射乃倍|和我麻久良可武訓読いかにあらむ日の時にかも声知らむ人の膝の上我が枕か...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集811番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集811番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集811番について歌番号811番原文許等々波奴|樹尓波安里等母|宇流波之吉|伎美我手奈礼能|許等尓之安流倍志訓読言とはぬ木にはありともうるはしき君が手馴れの琴にし...
タイトルとURLをコピーしました