別悞

万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3180番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3180番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3180番について歌番号3180番原文浦毛無|去之君故|朝旦|本名焉戀|相跡者無杼訓読うらもなく去にし君ゆゑ朝な朝なもとなぞ恋ふる逢ふとはなけどかな読みうらもなく|いにしきみ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3181番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3181番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3181番について歌番号3181番原文白細之|君之下紐|吾倍尓|今日結而名|将相日之為訓読白栲の君が下紐我れさへに今日結びてな逢はむ日のためかな読みしろたへの|きみがしたびも...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3182番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3182番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3182番について歌番号3182番原文白妙之|袖之別者|雖|思乱而|赦鶴鴨訓読白栲の袖の別れは惜しけども思ひ乱れて許しつるかもかな読みしろたへの|そでのわかれは|をしけども|...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3184番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3184番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3184番について歌番号3184番原文草枕|去君乎|人目多|袖不振為而|安萬田悔毛訓読草枕旅行く君を人目多み袖振らずしてあまた悔しもかな読みくさまくら|たびゆくきみを|ひとめ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3185番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3185番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3185番について歌番号3185番原文白銅鏡|手二取持而|見常不足|君尓所贈而|生跡文無訓読まそ鏡手に取り持ちて見れど飽かぬ君に後れて生けりともなしかな読みまそかがみ|てにと...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2827番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2827番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2827番について歌番号2827番原文紅|花西有者|衣袖尓|染著持而|可行所念訓読紅の花にしあらば衣手に染め付け持ちて行くべく思ほゆかな読みくれなゐの|はなにしあらば|ころも...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2485番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2485番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2485番について歌番号2485番原文袖振|可見限|吾雖有|其松枝|隠在訓読袖振らば見ゆべき限り我れはあれどその松が枝に隠らひにけりかな読みそでふらば|みゆべきかぎり|われは...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1776番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1776番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1776番について歌番号1776番原文絶等寸笶|山之上乃|櫻花|将開春部者|君将思訓読絶等寸の山の峰の上の桜花咲かむ春へは君し偲はむかな読みたゆらきの|やまの...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1777番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1777番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1777番について歌番号1777番原文君無者|奈何身将装餝|匣有|黄楊之小梳毛|将取跡毛不念訓読君なくはなぞ身装はむ櫛笥なる黄楊の小櫛も取らむとも思はずかな読...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1778番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1778番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1778番について歌番号1778番原文従明日者|吾波孤悲牟奈|名欲踏平之|君我越去者訓読明日よりは我れは恋ひむな名欲山岩踏み平し君が越え去なばかな読みあすより...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1004番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1004番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1004番について歌番号1004番原文不所念|来座君乎|保乃|河蝦不令聞|還都流香聞訓読思ほえず来ましし君を佐保川のかはづ聞かせず帰しつるかもかな読みおもほえ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集540番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集540番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集540番について歌番号540番原文吾背子尓|復者不相香常|思墓|今朝別之|為便無有都流訓読我が背子にまたは逢はじかと思へばか今朝の別れのすべなかりつるかな読みわ...
タイトルとURLをコピーしました