葛飾

スポンサーリンク
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3385番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3385番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3385番について歌番号3385番原文可豆思賀能|麻萬能手兒奈我|安里之|麻末乃於須比尓|奈美毛登杼呂尓訓読葛飾の真間の手児名がありしかば真間のおすひに波もとどろにかな読みか...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3386番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3386番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3386番について歌番号3386番原文尓保杼里能|可豆思加和世乎|尓倍須登毛|曽能可奈之伎乎|刀尓多弖米也母訓読にほ鳥の葛飾早稲をにへすともその愛しきを外に立てめやもかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3387番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3387番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3387番について歌番号3387番原文安能於登世受|由可牟古馬母我|可豆思加乃|麻末乃都藝波思|夜麻受可欲波牟訓読足の音せず行かむ駒もが葛飾の真間の継橋やまず通はむかな読みあ...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1807番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1807番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1807番について歌番号1807番原文鶏鳴|吾妻乃國尓|古昔尓|有家留事登|至今|不絶言来|勝鹿乃|真間乃手兒奈我|麻衣尓|青衿著|直佐麻乎|裳者織服而|髪谷...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1808番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1808番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1808番について歌番号1808番原文勝鹿之|真間之井見者|立平之|水挹家|手兒名之所念訓読勝鹿の真間の井見れば立ち平し水汲ましけむ手児名し思ほゆかな読みかつ...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集431番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集431番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集431番について歌番号431番原文古昔|有家武人之|倭幡乃|帶解替而|廬屋立|妻問為家武|勝壮鹿乃|真間之手兒名之|奥槨乎|此間登波聞杼|真木葉哉|茂有良武|松...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集432番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集432番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集432番について歌番号432番原文吾毛見都|人尓毛将告|勝壮鹿之|間能手兒名之|奥津城處訓読我れも見つ人にも告げむ勝鹿の真間の手児名が奥つ城ところかな読みわれも...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集433番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集433番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集433番について歌番号433番原文勝壮鹿乃|真々乃入江尓|打靡|玉藻苅兼|手兒名志所念訓読葛飾の真間の入江にうち靡く玉藻刈りけむ手児名し思ほゆかな読みかつしかの...
タイトルとURLをコピーしました