妻争媿

万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1810番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1810番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1810番について歌番号1810番原文葦屋之|宇奈比處女之|奥槨乎|徃来跡見者|哭耳之所泣訓読芦屋の菟原娘子の奥城を行き来と見れば哭のみし泣かゆかな読みあしの...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1811番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1811番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1811番について歌番号1811番原文墓上之|木枝靡有|如聞|陳努士尓之|家良信母訓読墓の上の木の枝靡けり聞きしごと茅渟壮士にし寄りにけらしもかな読みはかのう...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1801番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1801番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1801番について歌番号1801番原文古之|益荒丁子|各競|妻問為祁牟|葦屋乃|菟名日處女乃|奥城矣|吾立見者|永世乃|語尓為乍|後人|偲尓世武等|玉桙乃|道...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1802番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1802番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1802番について歌番号1802番原文古乃|小竹田丁子乃|妻問石|菟會處女乃|奥城叙此訓読古への信太壮士の妻問ひし菟原娘子の奥城ぞこれかな読みいにしへの|しの...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1803番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1803番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1803番について歌番号1803番原文語継|可良仁文幾許|戀布矣|直目尓見兼|古丁子訓読語り継ぐからにもここだ恋しきを直目に見けむ古へ壮士かな読みかたりつぐ|...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1809番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1809番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1809番について歌番号1809番原文葦屋之|菟名負處女之|八年兒之|片生之時従|小放尓|髪多久麻弖尓|並居|家尓毛不所見|虚木綿乃|牢而座在者|見而師香跡|...
万葉集|第1巻の和歌一覧

万葉集13番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集13番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集13番について歌番号13番原文高山波|雲根火雄男志等|耳梨與|相諍競伎|神代従|如此尓有良之|古昔母|然尓有許曽|虚蝉毛|嬬乎|相良思吉訓読香具山は|畝傍を愛しと...
万葉集|第1巻の和歌一覧

万葉集14番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集14番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集14番について歌番号14番原文高山与|耳梨山与|相之時|立見尓来之|伊奈美國波良訓読香具山と耳成山と闘ひし時立ちて見に来し印南国原かな読みかぐやまと|みみなしやま...
万葉集|第1巻の和歌一覧

万葉集15番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集15番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集15番について歌番号15番原文渡津海乃|豊旗雲尓|伊理比之|今夜乃月夜|清明己曽訓読海神の豊旗雲に入日さし今夜の月夜さやけくありこそかな読みわたつみの|とよはたく...
タイトルとURLをコピーしました