天平勝宝2年3月2日年紀

万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4142番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4142番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4142番について歌番号4142番原文春日尓|張流柳乎|取持而|見者京之|大路所訓読春の日に張れる柳を取り持ちて見れば都の大道し思ほゆかな読みはるのひに|はれるやなぎを|とり...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4143番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4143番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4143番について歌番号4143番原文物部|八D嬬等之|挹乱|寺井之於乃|堅香子之花訓読もののふの八十娘子らが汲み乱ふ寺井の上の堅香子の花かな読みもののふの|やそをとめらが|...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4144番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4144番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4144番について歌番号4144番原文燕来|時尓成奴等|鴈之鳴者|本郷思都追|雲隠喧訓読燕来る時になりぬと雁がねは国偲ひつつ雲隠り鳴くかな読みつばめくる|ときになりぬと|かり...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4145番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4145番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4145番について歌番号4145番原文春設而|如此歸等母|秋風尓|黄葉山乎|不来有米也|訓読春まけてかく帰るとも秋風にもみたむ山を越え来ざらめや|かな読みはるまけて|かくかへ...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4146番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4146番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4146番について歌番号4146番原文夜具多知尓|寐覺而居者|河瀬尋|情之尓|鳴知等理賀毛訓読夜ぐたちに寝覚めて居れば川瀬尋め心もしのに鳴く千鳥かもかな読みよぐたちに|ねざめ...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4147番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4147番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4147番について歌番号4147番原文夜降而|鳴河波知登里|宇倍之許曽|昔人母|之比来尓家礼訓読夜くたちて鳴く川千鳥うべしこそ昔の人も偲ひ来にけれかな読みよくたちて|なくかは...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4148番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4148番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4148番について歌番号4148番原文椙野尓|左乎騰流雉|灼然|啼尓之毛将哭|己母利豆麻可母訓読杉の野にさ躍る雉いちしろく音にしも泣かむ隠り妻かもかな読みすぎののに|さをどる...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4149番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4149番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4149番について歌番号4149番原文足引之|八峯之雉|鳴響|朝開之霞|見者可奈之母訓読あしひきの八つ峰の雉鳴き響む朝明の霞見れば悲しもかな読みあしひきの|やつをのきぎし|な...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4150番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4150番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4150番について歌番号4150番原文朝床尓|聞者遥之|射水河|朝己藝思都追|唱船人訓読朝床に聞けば遥けし射水川朝漕ぎしつつ唄ふ舟人かな読みあさとこに|きけばはるけし|いみづ...
タイトルとURLをコピーしました