万葉集4472番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4472番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4472番について

歌番号

4472番

原文

於保吉美乃|美許登加之古美|於保乃宇良乎|曽我比尓美都々|美也古敝能保流

訓読

大君の命畏み於保の浦をそがひに見つつ都へ上る

かな読み

おほきみの|みことかしこみ|おほのうらを|そがひにみつつ|みやこへのぼる

カタカナ読み

オホキミノ|ミコトカシコミ|オホノウラヲ|ソガヒニミツツ|ミヤコヘノボル

ローマ字読み|大文字

OHOKIMINO|MIKOTOKASHIKOMI|OHONORAO|SOGAHINIMITSUTSU|MIYAKOHENOBORU

ローマ字読み|小文字

ohokimino|mikotokashikomi|ohonorao|sogahinimitsutsu|miyakohenoboru

左注|左註

右掾安宿奈杼麻呂

事項|分類・ジャンル

天平勝宝8年11月8日年紀|宴席|出発|安宿王|地名|島根|意宇浦|羈旅|餞別

校異

特に無し

寛永版本

おほきみの[寛],
みことかしこみ[寛],
おほのうらを[寛],
そがひにみつつ,[寛]そかひにみつつ,
みやこへのぼる,[寛]みやこへのほる,

巻数

第20巻

作者

安宿奈杼麻呂

タイトルとURLをコピーしました