挽歌発想

スポンサーリンク
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3041番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3041番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3041番について歌番号3041番原文朝旦|草上白|置露乃|消者共跡|云師君者毛訓読朝な朝な草の上白く置く露の消なばともにと言ひし君はもかな読みあさなさな|くさのうへしろく|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集578番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集578番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集578番について歌番号578番原文天地与|共久|住波牟等|念而有師|家之庭羽裳訓読天地とともに久しく住まはむと思ひてありし家の庭はもかな読みあめつちと|ともにひ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集485番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集485番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集485番について歌番号485番原文神代従|生継来者|人多|國尓波満而|味村乃|去来者行跡|吾戀流|君尓之不有者|晝波|日乃久流留麻弖|夜者|夜之明流寸食|念乍|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集486番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集486番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集486番について歌番号486番原文山羽尓|味村驂|去奈礼騰|吾者左夫思恵|君二四不者訓読山の端にあぢ群騒き行くなれど我れは寂しゑ君にしあらねばかな読みやまのはに...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集496番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集496番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集496番について歌番号496番原文三熊野之|浦乃濱木綿|百重成|心者雖念|直不相鴨訓読み熊野の浦の浜木綿百重なす心は思へど直に逢はぬかもかな読みみくまのの|うら...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集497番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集497番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集497番について歌番号497番原文古尓|有兼人毛|如吾歟|妹尓戀乍|宿不勝家牟訓読いにしへにありけむ人も我がごとか妹に恋ひつつ寐ねかてずけむかな読みいにしへに|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集498番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集498番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集498番について歌番号498番原文今耳之|行事庭不有|古|人曽益而|哭左倍鳴四訓読今のみのわざにはあらずいにしへの人ぞまさりて音にさへ泣きしかな読みいまのみの|...
タイトルとURLをコピーしました