天平勝宝2年4月12日年紀

万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4199番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4199番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4199番について歌番号4199番原文藤奈美|影成海之|底清美|之都久石乎毛|珠等曽吾見流訓読藤波の影なす海の底清み沈く石をも玉とぞ我が見るかな読みふぢなみの|かげなすうみの...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4200番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4200番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4200番について歌番号4200番原文多I乃浦能|底左倍尓保布|藤奈美乎|加射之氐将去|不見人之為訓読多胡の浦の底さへにほふ藤波をかざして行かむ見ぬ人のためかな読みたこのうら...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4201番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4201番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4201番について歌番号4201番原文伊佐左可尓|念而来之乎|多I乃浦尓|開流藤見而|一夜可經訓読いささかに思ひて来しを多胡の浦に咲ける藤見て一夜経ぬべしかな読みいささかに|...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4202番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4202番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4202番について歌番号4202番原文藤奈美乎|借廬尓造|灣廻為流|人等波不知尓|海部等可見良牟訓読藤波を仮廬に作り浦廻する人とは知らに海人とか見らむかな読みふぢなみを|かり...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4203番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4203番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4203番について歌番号4203番原文家尓去而|奈尓乎将語|安之比奇能|山霍公鳥|一音毛奈家訓読家に行きて何を語らむあしひきの山霍公鳥一声も鳴けかな読みいへにゆきて|なにをか...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4204番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4204番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4204番について歌番号4204番原文吾勢故我|捧而持流|保寶我之婆|安多可毛似加|青盖訓読我が背子が捧げて持てるほほがしはあたかも似るか青き蓋かな読みわがせこが|ささげても...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4205番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4205番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4205番について歌番号4205番原文皇神祖之|遠御代三世波|射布折|酒飲等伊布曽|此保寶我之波訓読皇祖の遠御代御代はい重き折り酒飲みきといふぞこのほほがしはかな読みすめろき...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4206番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4206番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4206番について歌番号4206番原文之夫多尓乎|指而吾行|此濱尓|月夜安伎氐牟|馬之末時停息訓読渋谿をさして我が行くこの浜に月夜飽きてむ馬しまし止めかな読みしぶたにを|さし...
タイトルとURLをコピーしました