大伴百代が作者の万葉集

万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集823番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集823番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集823番について歌番号823番原文烏梅能波奈|知良久波伊豆久|志可須我尓|許能紀能夜麻尓|由企波布理都々訓読梅の花散らくはいづくしかすがにこの城の山に雪は降りつ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集559番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集559番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集559番について歌番号559番原文事毛無|生来之物乎|老奈美尓|如是戀毛|吾者遇流香聞訓読事もなく生き来しものを老いなみにかかる恋にも我れは逢へるかもかな読みこ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集560番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集560番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集560番について歌番号560番原文孤悲死牟|後者何為牟|生日之|為社妹乎|欲見為礼訓読恋ひ死なむ後は何せむ生ける日のためこそ妹を見まく欲りすれかな読みこひしなむ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集561番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集561番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集561番について歌番号561番原文不念乎|思常云者|大野有|三笠社之|神思知三訓読思はぬを思ふと言はば大野なる御笠の杜の神し知らさむかな読みおもはぬを|おもふと...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集562番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集562番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集562番について歌番号562番原文無暇|人之眉根乎|徒|令掻乍|不相妹可聞訓読暇なく人の眉根をいたづらに掻かしめつつも逢はぬ妹かもかな読みいとまなく|ひとのまよ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集566番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集566番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集566番について歌番号566番原文草枕|羈行君乎|愛見|副而曽来四|鹿乃濱邊乎訓読草枕旅行く君を愛しみたぐひてぞ来し志賀の浜辺をかな読みくさまくら|たびゆくきみ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集567番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集567番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集567番について歌番号567番原文周防在|磐國山乎|将超日者|手向好為与|荒其訓読周防なる磐国山を越えむ日は手向けよくせよ荒しその道かな読みすはなる|いはくにや...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集392番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集392番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集392番について歌番号392番原文烏珠之|其夜乃梅乎|手忘而|不折来家里|思之物乎訓読ぬばたまのその夜の梅をた忘れて折らず来にけり思ひしものをかな読みぬばたまの...
タイトルとURLをコピーしました