讃美

スポンサーリンク
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集2227番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2227番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集2227番について歌番号2227番原文不念尓|四具礼乃雨者|零有跡|天雲霽而|月夜清焉訓読思はぬにしぐれの雨は降りたれど天雲晴れて月夜さやけしかな読みおもはぬ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集2229番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2229番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集2229番について歌番号2229番原文白露乎|玉作有|九月|在明之月夜|雖見不飽可聞訓読白露を玉になしたる九月の有明の月夜見れど飽かぬかもかな読みしらつゆを|...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集2233番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2233番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集2233番について歌番号2233番原文高松之|此峯迫尓|笠立而|盈盛有|秋香乃吉者訓読高松のこの峰も狭に笠立てて満ち盛りたる秋の香のよさかな読みたかまつの|こ...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1625番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1625番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1625番について歌番号1625番原文吾妹兒之|業跡造有|秋田|早穂乃蘰|雖見不飽可聞訓読我妹子が業と作れる秋の田の早稲穂のかづら見れど飽かぬかもかな読みわぎ...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1006番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1006番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1006番について歌番号1006番原文自神代|芳野宮尓|蟻通|高所知者|山河乎吉三訓読神代より吉野の宮にあり通ひ高知らせるは山川をよみかな読みかむよより|よし...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1009番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1009番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1009番について歌番号1009番原文橘者|實左倍花左倍|其葉左倍|枝尓霜雖降|益常葉之訓読橘は実さへ花さへその葉さへ枝に霜降れどいや常葉の木かな読みたちばな...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集916番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集916番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集916番について歌番号916番原文茜刺|日不並二|吾戀|吉野之河乃|霧丹立乍訓読あかねさす日並べなくに我が恋は吉野の川の霧に立ちつつかな読みあかねさす|ひならべ...
タイトルとURLをコピーしました