田村大嬢が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1662番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1662番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1662番について歌番号1662番原文沫雪之|可消物乎|至今|流經者|妹尓相曽訓読沫雪の消ぬべきものを今までに流らへぬるは妹に逢はむとぞかな読みあわゆきの|け...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1622番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1622番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1622番について歌番号1622番原文吾屋戸乃|秋之芽子開|夕影尓|今毛見師香|妹之光儀乎訓読我が宿の秋の萩咲く夕影に今も見てしか妹が姿をかな読みわがやどの|...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1623番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1623番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1623番について歌番号1623番原文吾屋戸尓|黄變蝦手|毎見|妹乎懸管|不戀日者無訓読我が宿にもみつ蝦手見るごとに妹を懸けつつ恋ひぬ日はなしかな読みわがやど...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1506番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1506番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1506番について歌番号1506番原文古郷之|奈良思乃岳能|霍公鳥|言告遣之|何如告寸八訓読故郷の奈良思の岡の霍公鳥言告げ遣りしいかに告げきやかな読みふるさと...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1449番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1449番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1449番について歌番号1449番原文茅花抜|淺茅之原乃|都保須美礼|今盛有|吾戀苦波訓読茅花抜く浅茅が原のつほすみれ今盛りなり我が恋ふらくはかな読みつばなぬ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集759番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集759番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集759番について歌番号759番原文何|時尓加妹乎|牟具良布能|穢屋戸尓|入将座訓読いかならむ時にか妹を葎生の汚なきやどに入りいませてむかな読みいかならむ|ときに...
タイトルとURLをコピーしました