愛情

スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4447番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4447番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4447番について歌番号4447番原文麻比之都々|伎美我於保世流|奈弖之故我|波奈乃未等波無|伎美奈良奈久尓訓読賄しつつ君が生ほせるなでしこが花のみ問はむ君ならなくにかな読み...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3317番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3317番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3317番について歌番号3317番原文馬替者|妹歩行将有|縦恵八子|石者雖履|吾二行訓読馬買はば妹徒歩ならむよしゑやし石は踏むとも我はふたり行かむかな読みうまかはば|いもかち...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1790番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1790番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1790番について歌番号1790番原文秋芽子乎|妻問鹿許曽|一子二|子持有跡五十戸|鹿兒自物|吾獨子之|草枕|客二師徃者|竹珠乎|密貫垂|齋戸尓|木綿取四手而...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1791番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1791番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1791番について歌番号1791番原文客人之|宿将為野尓|霜降者|吾子羽褁|天乃鶴群訓読旅人の宿りせむ野に霜降らば我が子羽ぐくめ天の鶴群かな読みたびひとの|や...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集723番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集723番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集723番について歌番号723番原文常呼二跡|吾行莫國|小金門尓|物悲良尓|念有之|吾兒乃刀自緒|野干玉之|夜晝跡不言|念二思|吾身者痩奴|嘆丹師|袖左倍奴|如是...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集724番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集724番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集724番について歌番号724番原文朝髪之|念乱而|如是許|名姉之戀曽|夢尓所見家留訓読朝髪の思ひ乱れてかくばかり汝姉が恋ふれぞ夢に見えけるかな読みあさかみの|お...
タイトルとURLをコピーしました