惜別

万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4444番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4444番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4444番について歌番号4444番原文和我世故我|夜度奈流波疑乃|波奈佐可牟|安伎能由布敝波|和礼乎之努波世訓読我が背子が宿なる萩の花咲かむ秋の夕は我れを偲はせかな読みわがせ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3215番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3215番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3215番について歌番号3215番原文白妙乃|袖之別乎|難見為而|荒津之濱|屋取為鴨訓読白栲の袖の別れを難みして荒津の浜に宿りするかもかな読みしろたへの|そでのわかれを|かた...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3216番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3216番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3216番について歌番号3216番原文草枕|羈行君乎|荒津左右|送来|不足社訓読草枕旅行く君を荒津まで送りぞ来ぬる飽き足らねこそかな読みくさまくら|たびゆくきみを|あらつまで...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1973番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1973番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1973番について歌番号1973番原文吾妹子尓|相市乃花波|落不過|今咲有如|有与奴香聞訓読我妹子に楝の花は散り過ぎず今咲けるごとありこせぬかもかな読みわぎも...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1807番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1807番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1807番について歌番号1807番原文鶏鳴|吾妻乃國尓|古昔尓|有家留事登|至今|不絶言来|勝鹿乃|真間乃手兒奈我|麻衣尓|青衿著|直佐麻乎|裳者織服而|髪谷...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1808番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1808番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1808番について歌番号1808番原文勝鹿之|真間之井見者|立平之|水挹家|手兒名之所念訓読勝鹿の真間の井見れば立ち平し水汲ましけむ手児名し思ほゆかな読みかつ...
タイトルとURLをコピーしました