息長国島

スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4363番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4363番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4363番について歌番号4363番原文奈尓波都尓|美布祢於呂須恵|夜蘇加奴伎|伊麻波許伎奴等|伊母尓都氣許曽訓読難波津に御船下ろ据ゑ八十楫貫き今は漕ぎぬと妹に告げこそかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4364番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4364番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4364番について歌番号4364番原文佐伎牟理尓|多々牟佐和伎尓|伊敝能伊牟何|奈流伎己等乎|伊波須伎奴可母訓読防人に立たむ騒きに家の妹がなるべきことを言はず来ぬかもかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4365番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4365番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4365番について歌番号4365番原文於之弖流夜|奈尓波能利|布奈与曽比|阿例波許藝奴等|伊母尓都岐許曽訓読押し照るや難波の津ゆり船装ひ我れは漕ぎぬと妹に告ぎこそかな読みおし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4366番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4366番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4366番について歌番号4366番原文比多知散思|由可牟加里母我|阿我古比乎|志留志弖都祁弖|伊母尓志良世牟訓読常陸指し行かむ雁もが我が恋を記して付けて妹に知らせむかな読みひ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4367番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4367番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4367番について歌番号4367番原文阿我母弖能|和須例母之太波|都久波尼乎|布利佐氣美都々|伊母波之奴波尼訓読我が面の忘れもしだは筑波嶺を振り放け見つつ妹は偲はねかな読みあ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4368番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4368番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4368番について歌番号4368番原文久自我波々|佐氣久阿利麻弖|志富夫祢尓|麻可知之自奴伎|和波可敝里許牟訓読久慈川は幸くあり待て潮船にま楫しじ貫き我は帰り来むかな読みくじ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4369番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4369番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4369番について歌番号4369番原文都久波祢乃|佐由流能波奈能|由等許尓母|可奈之家伊母曽|比留毛可奈之祁訓読筑波嶺のさ百合の花の夜床にも愛しけ妹ぞ昼も愛しけかな読みつくは...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4370番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4370番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4370番について歌番号4370番原文阿良例布理|可志麻能可美乎|伊能利都々|須米良美久佐尓|和例波伎尓之乎訓読霰降り鹿島の神を祈りつつ皇御軍に我れは来にしをかな読みあられふ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4371番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4371番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4371番について歌番号4371番原文多知波奈乃|之多布久可是乃|可具波志伎|都久波能夜麻乎|古比須安良米可毛訓読橘の下吹く風のかぐはしき筑波の山を恋ひずあらめかもかな読みた...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4372番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4372番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4372番について歌番号4372番原文阿志加良能|美佐可多麻波理|可閇理美須|阿例波久江由久|阿良志乎母|多志夜波婆可流|不破乃世伎|久江弖和波由久|牟麻能都米|都久志能佐伎...
タイトルとURLをコピーしました