志貴皇子が作者の万葉集

万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1466番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1466番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1466番について歌番号1466番原文神名火乃|磐瀬之之|霍公鳥|毛無乃岳尓|何時来将鳴訓読神奈備の石瀬の社の霍公鳥毛無の岡にいつか来鳴かむかな読みかむなびの...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1418番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1418番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1418番について歌番号1418番原文石激|垂見之上乃|左和良妣乃|毛要出春尓|成来鴨訓読石走る垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかもかな読みいはば...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集513番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集513番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集513番について歌番号513番原文大原之|此市柴乃|何時鹿跡|吾念妹尓|今夜相有香裳訓読大原のこのいち柴のいつしかと我が思ふ妹に今夜逢へるかもかな読みおほはらの...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集267番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集267番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集267番について歌番号267番原文牟佐々婢波|木末求跡|足日木乃|山能佐都雄尓|相尓来鴨訓読むささびは木末求むとあしひきの山のさつ男にあひにけるかもかな読みむさ...
万葉集|第1巻の和歌一覧

万葉集51番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集51番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集51番について歌番号51番原文婇女乃|袖吹反|明日香風|京都乎遠見|無用尓布久訓読采女の袖吹きかへす明日香風都を遠みいたづらに吹くかな読みうねめの|そでふきかへす...
万葉集|第1巻の和歌一覧

万葉集64番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集64番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集64番について歌番号64番原文葦邊行|鴨之羽我比尓|霜零而|寒暮夕|之所念訓読葦辺行く鴨の羽交ひに霜降りて寒き夕は大和し思ほゆかな読みあしへゆく|かものはがひに|...
タイトルとURLをコピーしました