天平12年12月9日年紀

万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3904番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3904番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3904番について歌番号3904番原文宇梅能花|伊都波乎良自等|伊登波祢登|佐吉乃盛波|乎思吉物奈利訓読梅の花いつは折らじといとはねど咲きの盛りは惜しきものなりかな読みうめの...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3905番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3905番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3905番について歌番号3905番原文遊内乃|多努之吉庭尓|梅柳|乎理加謝思底|意毛比奈美可毛訓読遊ぶ内の楽しき庭に梅柳折りかざしてば思ひなみかもかな読みあそぶうちの|たのし...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3906番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3906番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3906番について歌番号3906番原文御苑布能|百木乃宇梅乃|落花之|安米尓登妣安我里|雪等敷里家牟訓読御園生の百木の梅の散る花し天に飛び上がり雪と降りけむかな読みみそのふの...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3901番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3901番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3901番について歌番号3901番原文民布由都藝|芳流波吉多礼登|烏梅能芳奈|君尓之安良祢婆|遠人毛奈之訓読み冬継ぎ春は来たれど梅の花君にしあらねば招く人もなしかな読みみふゆ...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3902番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3902番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3902番について歌番号3902番原文烏梅乃花|美夜万等之美尓|安里登母也|如此乃未君波|見礼登安可尓勢牟訓読梅の花み山としみにありともやかくのみ君は見れど飽かにせむかな読み...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3903番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3903番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3903番について歌番号3903番原文春雨尓|毛延之楊奈疑可|烏梅乃花|登母尓於久礼奴|常乃物能香聞訓読春雨に萌えし柳か梅の花ともに後れぬ常の物かもかな読みはるさめに|もえし...
タイトルとURLをコピーしました