名前

万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2710番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2710番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2710番について歌番号2710番原文狗上之|鳥籠山尓有|不知也河|不知二五寸許瀬|余名告奈訓読犬上の鳥籠の山なる不知哉川いさとを聞こせ我が名告らすなかな読みいぬかみの|とこ...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2697番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2697番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2697番について歌番号2697番原文妹之名毛|吾名毛立者|惜社|布仕能高嶺之|燎乍渡訓読妹が名も我が名も立たば惜しみこそ富士の高嶺の燃えつつわたれかな読みいもがなも|わがな...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2697S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2697S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2697S番について歌番号2697異伝歌番原文君名毛|妾名毛立者|惜己曽|不盡乃高山之|燎乍毛居訓読君が名も我が名も立たば惜しみこそ富士の高嶺の燃えつつも居れかな読みきみが...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2700番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2700番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2700番について歌番号2700番原文玉蜻|石垣淵之|隠庭|伏死|汝名羽不謂訓読玉かぎる岩垣淵の隠りには伏して死ぬとも汝が名は告らじかな読みたまかぎる|いはかきふちの|こもり...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2531番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2531番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2531番について歌番号2531番原文吾背子我|其名不謂跡|玉切|命者棄|忘賜名訓読我が背子がその名告らじとたまきはる命は捨てつ忘れたまふなかな読みわがせこが|そのなのらじと...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2499番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2499番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2499番について歌番号2499番原文我妹|戀度|劔刀|名惜|念不得訓読我妹子に恋ひしわたれば剣大刀名の惜しけくも思ひかねつもかな読みわぎもこに|こひしわたれば|つるぎたち|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集731番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集731番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集731番について歌番号731番原文吾名者毛|千名之五百名尓|雖立|君之名立者|惜社泣訓読我が名はも千名の五百名に立ちぬとも君が名立たば惜しみこそ泣けかな読みわが...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集732番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集732番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集732番について歌番号732番原文今時者四|名之惜雲|吾者無|妹丹因者|千遍立十方訓読今しはし名の惜しけくも我れはなし妹によりては千たび立つともかな読みいましは...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集93番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集93番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集93番について歌番号93番原文玉匣|覆乎安美|開而行者|君名者雖有|吾名之惜訓読玉櫛笥覆ふを安み明けていなば君が名はあれど吾が名し惜しもかな読みたまくしげ|おほふ...
タイトルとURLをコピーしました