古歌集

万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2363番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2363番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2363番について歌番号2363番原文岡前|多未足道乎|人莫通|在乍毛|公之来|曲道為訓読岡の崎廻みたる道を人な通ひそありつつも君が来まさむ避き道にせむかな読みをかのさき|た...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2364番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2364番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2364番について歌番号2364番原文玉垂|小簾之寸鶏吉仁|入通来根|足乳根之|母我問者|風跡将申訓読玉垂の小簾のすけきに入り通ひ来ねたらちねの母が問はさば風と申さむかな読み...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2365番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2365番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2365番について歌番号2365番原文内日左須|宮道尓相之|人妻|玉緒之|念乱而|宿夜四曽多寸訓読うちひさす宮道に逢ひし人妻ゆゑに玉の緒の思ひ乱れて寝る夜しぞ多きかな読みうち...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2366番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2366番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2366番について歌番号2366番原文真十鏡|見之賀登念|妹相可聞|玉緒之|絶有戀之|繁比者訓読まそ鏡見しかと思ふ妹も逢はぬかも玉の緒の絶えたる恋の繁きこのころかな読みまそか...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2367番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2367番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2367番について歌番号2367番原文海原乃|路尓乗哉|吾戀居|大舟之|由多尓将有|人兒由恵尓訓読海原の道に乗りてや我が恋ひ居らむ大船のゆたにあるらむ人の子ゆゑにかな読みうな...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1937番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1937番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1937番について歌番号1937番原文大夫|出立向|故郷之|神名備山尓|明来者|柘之左枝尓|暮去者|小松之若末尓|里人之|聞戀麻田|山彦乃|答響萬田|霍公鳥|...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1938番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1938番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1938番について歌番号1938番原文客尓為而|妻戀為良思|霍公鳥|神名備山尓|左夜深而鳴訓読旅にして妻恋すらし霍公鳥神なび山にさ夜更けて鳴くかな読みたびにし...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集162番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集162番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集162番について歌番号162番原文明日香能|清御原乃宮尓|天下|所知食之|八隅知之|吾大王|高照|日之皇子|何方尓|所念食可|神風乃|伊勢能國者|奥津藻毛|靡足...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集89番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集89番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集89番について歌番号89番原文居明而|君乎者将待|奴婆珠|吾黒髪尓|霜者零騰文訓読居明かして君をば待たむぬばたまの我が黒髪に霜は降るともかな読みゐあかして|きみを...
タイトルとURLをコピーしました