三輪

スポンサーリンク
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3268番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3268番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3268番について歌番号3268番原文三諸之|神奈備山従|登能陰|雨者落来奴|雨霧相|風左倍吹奴|大口乃|真神之原従|思管|還尓之人|家尓到伎也訓読みもろの|神奈備山ゆ|との...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2472番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2472番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2472番について歌番号2472番原文見渡|三室山|石穂菅|惻隠吾|片念為|訓読見わたしの三室の山の巌菅ねもころ我れは片思ぞする|かな読みみわたしの|みむろのやまの|いはほす...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1517番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1517番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1517番について歌番号1517番原文味酒|三輪乃祝之|山照|秋乃黄葉|散莫惜毛訓読味酒三輪のはふりの山照らす秋の黄葉の散らまく惜しもかな読みうまさけ|みわの...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1377番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1377番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1377番について歌番号1377番原文木綿懸而|祭三諸乃|神佐備而|齋尓波不在|人目多見許訓読木綿懸けて祭る三諸の神さびて斎むにはあらず人目多みこそかな読みゆ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1378番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1378番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1378番について歌番号1378番原文木綿懸而|齋此神社|可超|所念可毛|戀之繁尓訓読木綿懸けて斎ふこの社越えぬべく思ほゆるかも恋の繁きにかな読みゆふかけて|...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1403番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1403番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1403番について歌番号1403番原文三幣帛取|神之祝我|鎮齋杉原|燎木伐|殆之國|手斧所取奴訓読御幣取り三輪の祝が斎ふ杉原薪伐りほとほとしくに手斧取らえぬか...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1240番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1240番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1240番について歌番号1240番原文珠匣|見諸戸山|行之鹿齒|面白四手|古昔所念訓読玉櫛笥みもろと山を行きしかばおもしろくしていにしへ思ほゆかな読みたまくし...
タイトルとURLをコピーしました