阿倍継麻呂が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3700番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3700番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3700番について歌番号3700番原文安之比奇能|山下比可流|毛美知葉能|知里能麻河比波|計布仁聞安流香母訓読あしひきの山下光る黄葉の散りの乱ひは今日にもあるかもかな読みあし...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3706番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3706番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3706番について歌番号3706番原文多麻之家流|伎欲吉奈藝佐乎|之保美弖婆|安可受和礼由久|可反流左尓見牟訓読玉敷ける清き渚を潮満てば飽かず我れ行く帰るさに見むかな読みたま...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3708番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3708番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3708番について歌番号3708番原文毛能毛布等|比等尓波美要|之多婢毛能|思多由故布流尓|都曽倍尓家流訓読物思ふと人には見えじ下紐の下ゆ恋ふるに月ぞ経にけるかな読みものもふ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3656番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3656番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3656番について歌番号3656番原文安伎波疑尓|々保敝流和我母|奴礼奴等母|伎美我美布祢能|都奈之等理弖婆訓読秋萩ににほへる我が裳濡れぬとも君が御船の綱し取りてばかな読みあ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3668番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3668番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3668番について歌番号3668番原文於保伎美能|等保能美可度登|於毛敝礼杼|氣奈我久之安礼婆|古非尓家流可母訓読大君の遠の朝廷と思へれど日長くしあれば恋ひにけるかもかな読み...
タイトルとURLをコピーしました