長屋王が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1517番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1517番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1517番について歌番号1517番原文味酒|三輪乃祝之|山照|秋乃黄葉|散莫惜毛訓読味酒三輪のはふりの山照らす秋の黄葉の散らまく惜しもかな読みうまさけ|みわの...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集301番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集301番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集301番について歌番号301番原文磐金之|凝敷山乎|超不勝而|哭者泣友|色尓将出八方訓読岩が根のこごしき山を越えかねて音には泣くとも色に出でめやもかな読みいはが...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集300番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集300番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集300番について歌番号300番原文佐保過而|寧樂乃手祭尓|置幣者|妹乎目不離|相見染跡衣訓読佐保過ぎて奈良の手向けに置く幣は妹を目離れず相見しめとぞかな読みさほ...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集268番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集268番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集268番について歌番号268番原文吾背子我|古家乃里之|明日香庭|乳鳥鳴成|待不得而訓読我が背子が古家の里の明日香には千鳥鳴くなり妻待ちかねてかな読みわがせこが...
万葉集|第1巻の和歌一覧

万葉集75番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集75番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集75番について歌番号75番原文宇治間山|朝風寒之|旅尓師手|衣應借|妹毛有勿久尓訓読宇治間山朝風寒し旅にして衣貸すべき妹もあらなくにかな読みうぢまやま|あさかぜさ...
タイトルとURLをコピーしました