橘諸兄が作者の万葉集

万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4447番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4447番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4447番について歌番号4447番原文麻比之都々|伎美我於保世流|奈弖之故我|波奈乃未等波無|伎美奈良奈久尓訓読賄しつつ君が生ほせるなでしこが花のみ問はむ君ならなくにかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4448番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4448番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4448番について歌番号4448番原文安治佐為能|夜敝佐久其等久|夜都与尓乎|伊麻世和我勢故|美都々思努波牟訓読あぢさゐの八重咲くごとく八つ代にをいませ我が背子見つつ偲はむか...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4454番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4454番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4454番について歌番号4454番原文高山乃|伊波保尓於布流|須我乃根能|祢母許呂其呂尓|布里於久白雪訓読高山の巌に生ふる菅の根のねもころごろに降り置く白雪かな読みたかやまの...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4270番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4270番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4270番について歌番号4270番原文牟具良波布|伊也之伎屋戸母|大皇之|座牟等知者|玉之可麻思乎訓読葎延ふ賎しき宿も大君の座さむと知らば玉敷かましをかな読みむぐらはふ|いや...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4056番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4056番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4056番について歌番号4056番原文保里江尓波|多麻之可麻之乎|大皇乎|美敷祢許我牟登|可年弖之里勢婆訓読堀江には玉敷かましを大君を御船漕がむとかねて知りせばかな読みほりえ...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3922番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3922番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3922番について歌番号3922番原文布流由吉乃|之路髪麻泥尓|大皇尓|都可倍麻都礼婆|貴久母安流香訓読降る雪の白髪までに大君に仕へまつれば貴くもあるかかな読みふるゆきの|し...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1025番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1025番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1025番について歌番号1025番原文奥真經而|吾乎念流|吾背子者|千五百歳|有巨勢奴香聞訓読奥まへて我れを思へる我が背子は千年五百年ありこせぬかもかな読みお...
タイトルとURLをコピーしました