麻田陽春が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集884番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集884番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集884番について歌番号884番原文國遠伎|路乃長手遠|意保々斯久|計布夜須疑南|己等騰比母奈久訓読国遠き道の長手をおほほしく今日や過ぎなむ言どひもなくかな読みく...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集885番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集885番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集885番について歌番号885番原文朝露乃|既夜須伎我身|比等國尓|須疑加弖奴可母|意夜能目遠保利訓読朝露の消やすき我が身他国に過ぎかてぬかも親の目を欲りかな読み...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集569番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集569番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集569番について歌番号569番原文辛人之|衣染云|紫之|情尓染而|所念鴨訓読韓人の衣染むといふ紫の心に染みて思ほゆるかもかな読みからひとの|ころもそむといふ|む...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集570番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集570番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集570番について歌番号570番原文山跡邊|君之立日乃|近付者|野立鹿毛|動而曽鳴訓読大和へに君が発つ日の近づけば野に立つ鹿も響めてぞ鳴くかな読みやまとへに|きみ...
タイトルとURLをコピーしました