長屋王

スポンサーリンク
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1637番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1637番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1637番について歌番号1637番原文波太須珠寸|尾花逆葺|黒木用|造有室者|迄萬代訓読はだすすき尾花逆葺き黒木もち造れる室は万代までにかな読みはだすすき|を...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1638番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1638番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1638番について歌番号1638番原文青丹吉|奈良乃山有|黒木用|造有室者|雖居座不飽可聞訓読あをによし奈良の山なる黒木もち造れる室は座せど飽かぬかもかな読み...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1613番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1613番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1613番について歌番号1613番原文秋野乎|旦徃鹿乃|跡毛奈久|念之君尓|相有今夜香訓読秋の野を朝行く鹿の跡もなく思ひし君に逢へる今夜かかな読みあきののを|...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集441番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集441番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集441番について歌番号441番原文大皇之|命恐|大荒城乃|時尓波不有跡|雲隠座訓読大君の命畏み大殯の時にはあらねど雲隠りますかな読みおほきみの|みことかしこみ|...
タイトルとURLをコピーしました