自嘲

万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4387番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4387番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4387番について歌番号4387番原文知波乃奴乃|古乃弖加之波能|保々麻例等|阿夜尓加奈之美|於枳弖他加枳奴訓読千葉の野の児手柏のほほまれどあやに愛しみ置きて誰が来ぬかな読み...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2800番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2800番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2800番について歌番号2800番原文旭時等|鶏鳴成|縦恵也思|獨宿夜者|開者雖明訓読暁と鶏は鳴くなりよしゑやしひとり寝る夜は明けば明けぬともかな読みあかときと|かけはなくな...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2769番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2769番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2769番について歌番号2769番原文吾背子尓|吾戀良久者|夏草之|苅除十方|生及如訓読我が背子に我が恋ふらくは夏草の刈り除くれども生ひしくごとしかな読みわがせこに|あがこふ...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2582番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2582番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2582番について歌番号2582番原文小豆奈九|何言|今更|小童言為流|老人二四手訓読あづきなく何のたはこと今さらに童言する老人にしてかな読みあづきなく|なにのたはこと|いま...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集695番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集695番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集695番について歌番号695番原文戀者今葉|不有常吾羽|念乎|何處戀其|附見繋有訓読恋は今はあらじと我れは思へるをいづくの恋ぞつかみかかれるかな読みこひはいまは...
タイトルとURLをコピーしました