穂積皇子が作者の万葉集

万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3816番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3816番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3816番について歌番号3816番原文家尓有之|櫃尓鏁刺|蔵而師|戀乃奴之|束見懸而訓読家にありし櫃にかぎさし蔵めてし恋の奴のつかみかかりてかな読みいへにありし|ひつにかぎさ...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1513番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1513番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1513番について歌番号1513番原文今朝之旦開|鴈之鳴聞都|春日山|黄葉家良思|吾情痛之訓読今朝の朝明雁が音聞きつ春日山もみちにけらし我が心痛しかな読みけさ...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1514番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1514番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1514番について歌番号1514番原文秋芽者|可咲有良之|吾屋戸之|淺茅之花乃|散去見者訓読秋萩は咲くべくあらし我がやどの浅茅が花の散りゆく見ればかな読みあき...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集203番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集203番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集203番について歌番号203番原文零雪者|安播尓勿落|吉隠之|猪養乃岡之|塞為巻尓訓読降る雪はあはにな降りそ吉隠の猪養の岡の塞なさまくにかな読みふるゆきは|あは...
タイトルとURLをコピーしました