皮肉

スポンサーリンク
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3367番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3367番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3367番について歌番号3367番原文母毛豆思麻|安之我良乎夫祢|安流吉於保美|目許曽可流良米|己許呂波毛倍杼訓読百づ島足柄小舟歩き多み目こそ離るらめ心は思へどかな読みももづ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3100番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3100番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3100番について歌番号3100番原文不想乎|想常云者|真鳥住|卯名手乃之|神将御知訓読思はぬを思ふと言はば真鳥住む雲梯の杜の神し知らさむかな読みおもはぬを|おもふといはば|...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2829番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2829番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2829番について歌番号2829番原文衣霜|多在南|取易而|著者也君之|面忘而有訓読衣しも多くあらなむ取り替へて着ればや君が面忘れたるかな読みころもしも|おほくあらなむ|とり...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集490番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集490番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集490番について歌番号490番原文真野之浦乃|与騰継橋|情由毛|思哉妹之|伊目尓之所見訓読真野の浦の淀の継橋心ゆも思へや妹が夢にし見ゆるかな読みまののうらの|よ...
タイトルとURLをコピーしました