皇子挽歌

スポンサーリンク
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3324番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3324番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3324番について歌番号3324番原文纒毛|文恐|藤原|王都志弥美尓|人下|満雖有|君下|大座常|徃向|緒長|仕来|君之御門乎|如天|仰而見乍|雖畏|思憑而|何時可聞|日足座...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3325番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3325番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3325番について歌番号3325番原文角障經|石村山丹|白栲|懸有雲者|皇可聞訓読つのさはふ磐余の山に白栲にかかれる雲は大君にかもかな読みつのさはふ|いはれのやまに|しろたへ...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3326番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3326番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3326番について歌番号3326番原文礒城嶋之|日本國尓|何方|御念食可|津礼毛無|城上宮尓|大殿乎|都可倍奉而|殿隠|々座者|朝者|召而使|夕者|召而使|遣之|舎人之子等者...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3327番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3327番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3327番について歌番号3327番原文百小竹之|三野王|金厩|立而飼駒|角厩|立而飼駒|草社者|取而飼|水社者|挹而飼|何然|大分青馬之|鳴立鶴訓読百小竹の|三野の王|西の馬...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3328番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3328番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3328番について歌番号3328番原文衣袖|大分青馬之|嘶音|情有鳧|常従異鳴訓読衣手葦毛の馬のいなく声心あれかも常ゆ異に鳴くかな読みころもで|あしげのうまの|いなくこゑ|こ...
タイトルとURLをコピーしました