橿原

スポンサーリンク
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3788番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3788番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3788番について歌番号3788番原文無耳之|池羊蹄恨之|吾妹兒之|来乍潜者|水波将涸|訓読耳成の池し恨めし我妹子が来つつ潜かば水は涸れなむ|かな読みみみなしの|いけしうらめ...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3289番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3289番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3289番について歌番号3289番原文御佩乎|劔池之|蓮葉尓|渟有水之|徃方無|我為時尓|應相登|相有君乎|莫寐等|母寸巨勢友|吾情|清隅之池之|池底|吾者不|正相左右二訓読...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1344番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1344番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1344番について歌番号1344番原文真鳥住|卯名手之神社之|菅根乎|衣尓書付|令服兒欲得訓読真鳥棲む雲梯の杜の菅の根を衣にかき付け着せむ子もがもかな読みまと...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1335番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1335番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1335番について歌番号1335番原文思賸|痛文為便無|玉手次|雲飛山仁|吾印結訓読思ひあまりいたもすべなみ玉たすき畝傍の山に我れ標結ひつかな読みおもひあまり...
タイトルとURLをコピーしました