未奏

スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4493番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4493番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4493番について歌番号4493番原文始春乃|波都祢乃家布能|多麻婆波伎|手尓等流可良尓|由良久多麻能乎訓読初春の初子の今日の玉箒手に取るからに揺らく玉の緒かな読みはつはるの...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4494番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4494番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4494番について歌番号4494番原文水鳥乃|可毛羽能伊呂乃|青馬乎|家布美流比等波|可藝利奈之等伊布訓読水鳥の鴨の羽の色の青馬を今日見る人は限りなしといふかな読みみづとりの...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4495番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4495番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4495番について歌番号4495番原文打奈婢久|波流等毛之流久|宇具比須波|宇恵木之樹間乎|奈和多良奈牟訓読うち靡く春ともしるく鴬は植木の木間を鳴き渡らなむかな読みうちなびく...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4453番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4453番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4453番について歌番号4453番原文安吉加是能|布伎古吉之家流|波奈能尓波|伎欲伎都久欲仁|美礼杼安賀奴香母訓読秋風の吹き扱き敷ける花の庭清き月夜に見れど飽かぬかもかな読み...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4272番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4272番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4272番について歌番号4272番原文天地尓|足之照而|吾大皇|之伎座婆可母|樂伎小里訓読天地に足らはし照りて我が大君敷きませばかも楽しき小里かな読みあめつちに|たらはしてり...
タイトルとURLをコピーしました