旅情

万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4384番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4384番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4384番について歌番号4384番原文阿加等伎乃|加波多例等枳尓|之麻加枳乎|己枳尓之布祢乃|他都枳之良須母訓読暁のかはたれ時に島蔭を漕ぎ去し船のたづき知らずもかな読みあかと...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集4016番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4016番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4016番について歌番号4016番原文賣比能野能|須々吉於之奈倍|布流由伎尓|夜度加流家敷之|可奈之久於毛倍遊訓読婦負の野のすすき押しなべ降る雪に宿借る今日し悲しく思ほゆかな...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3899番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3899番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3899番について歌番号3899番原文海未通女|伊射里多久火能|於煩保之久|都努乃松原|於母保由流可訓読海人娘子漁り焚く火のおぼほしく角の松原思ほゆるかもかな読みあまをとめ|...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3677番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3677番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3677番について歌番号3677番原文秋野乎|尓保波須波疑波|佐家礼杼母|見流之留思奈之|多婢尓師安礼婆訓読秋の野をにほはす萩は咲けれども見る験なし旅にしあればかな読みあきの...
タイトルとURLをコピーしました