巫部麻蘇娘子が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1621番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1621番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1621番について歌番号1621番原文吾屋前|芽子花咲有|見来益|今二日許|有者将落訓読我が宿の萩花咲けり見に来ませいま二日だみあらば散りなむかな読みわがやど...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1562番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1562番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1562番について歌番号1562番原文誰聞都|従此間鳴渡|鴈鳴乃|嬬呼音乃|知訓読誰れ聞きつこゆ鳴き渡る雁がねの妻呼ぶ声の羨しくもあるかかな読みたれききつ|こ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集703番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集703番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集703番について歌番号703番原文吾背子乎|相見之其日|至于今日|吾衣手者|乾時毛奈志訓読我が背子を相見しその日今日までに我が衣手は干る時もなしかな読みわがせこ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集704番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集704番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集704番について歌番号704番原文栲縄之|永命乎|欲苦波|不絶而人乎|欲見社訓読栲縄の長き命を欲りしくは絶えずて人を見まく欲りこそかな読みたくなはの|ながきいの...
タイトルとURLをコピーしました