天平勝宝7年5月9日年紀

万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4442番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4442番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4442番について歌番号4442番原文和我勢故我|夜度乃奈弖之故|比奈良倍弖|安米波布礼杼母|伊呂毛可波良受訓読我が背子が宿のなでしこ日並べて雨は降れども色も変らずかな読みわ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4443番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4443番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4443番について歌番号4443番原文比佐可多|安米波布里之久|奈弖之故我|伊夜波都波奈尓|故非之伎和我勢訓読ひさかたの雨は降りしくなでしこがいや初花に恋しき我が背かな読みひ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4444番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4444番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4444番について歌番号4444番原文和我世故我|夜度奈流波疑乃|波奈佐可牟|安伎能由布敝波|和礼乎之努波世訓読我が背子が宿なる萩の花咲かむ秋の夕は我れを偲はせかな読みわがせ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4445番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4445番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4445番について歌番号4445番原文宇具比須乃|許恵波須疑奴等|於毛倍杼母|之美尓之許己呂|奈保古非尓家里訓読鴬の声は過ぎぬと思へどもしみにし心なほ恋ひにけりかな読みうぐひ...
タイトルとURLをコピーしました