大津皇子が作者の万葉集

万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1512番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1512番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1512番について歌番号1512番原文經毛無|緯毛不定|未通女等之|織黄葉尓|霜莫零訓読経もなく緯も定めず娘子らが織る黄葉に霜な降りそねかな読みたてもなく|ぬ...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集416番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集416番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集416番について歌番号416番原文百傳|磐余池尓|鳴鴨乎|今日耳見哉|雲隠去牟訓読百伝ふ磐余の池に鳴く鴨を今日のみ見てや雲隠りなむかな読みももづたふ|いはれのい...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集107番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集107番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集107番について歌番号107番原文足日木乃|山之四付二|妹待跡|吾立所|山之四附二訓読あしひきの山のしづくに妹待つと我れ立ち濡れぬ山のしづくにかな読みあしひきの...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集109番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集109番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集109番について歌番号109番原文大船之|津守之占尓|将告登波|益為尓知而|我二人宿之訓読大船の津守が占に告らむとはまさしに知りて我がふたり寝しかな読みおほぶね...
タイトルとURLをコピーしました