大伴像見が作者の万葉集

万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1595番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1595番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1595番について歌番号1595番原文秋芽子乃|枝毛十尾二|降露乃|消者雖消|色出目八方訓読秋萩の枝もとををに置く露の消なば消ぬとも色に出でめやもかな読みあき...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集697番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集697番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集697番について歌番号697番原文吾聞尓|繋莫言|苅薦之|乱而念|君之直香曽訓読我が聞きに懸けてな言ひそ刈り薦の乱れて思ふ君が直香ぞかな読みわがききに|かけてな...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集698番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集698番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集698番について歌番号698番原文春日野尓|朝居雲之|敷布二|吾者戀益|月二日二異二訓読春日野に朝居る雲のしくしくに我れは恋ひ増す月に日に異にかな読みかすがのに...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集699番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集699番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集699番について歌番号699番原文一瀬二波|千遍障良比|逝水之|後毛将相|今尓不有十方訓読一瀬には千たび障らひ行く水の後にも逢はむ今にあらずともかな読みひとせに...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集664番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集664番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集664番について歌番号664番原文石上|零十方雨二|将關哉|妹似相武登|言義之鬼尾訓読石上降るとも雨につつまめや妹に逢はむと言ひてしものをかな読みいそのかみ|ふ...
タイトルとURLをコピーしました