壬生宇太麻呂が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3702番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3702番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3702番について歌番号3702番原文多可思吉能|宇良能毛美知|礼由伎弖|可敝里久流末R|知里許須奈由米訓読竹敷の浦廻の黄葉我れ行きて帰り来るまで散りこすなゆめかな読みたかし...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3707番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3707番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3707番について歌番号3707番原文安伎也麻能|毛美知乎可射之|和我乎礼婆|宇良之保美知久|伊麻太安可奈久尓訓読秋山の黄葉をかざし我が居れば浦潮満ち来いまだ飽かなくにかな読...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3669番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3669番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3669番について歌番号3669番原文多妣尓安礼杼|欲流波火等毛之|乎流和礼乎|也未尓也伊毛我|古非都追安流良牟訓読旅にあれど夜は火灯し居る我れを闇にや妹が恋ひつつあるらむか...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3674番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3674番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3674番について歌番号3674番原文久左麻久良|多婢乎久流之美|故非乎礼婆|可也能山邊尓|草乎思香奈久毛訓読草枕旅を苦しみ恋ひ居れば可也の山辺にさを鹿鳴くもかな読みくさまく...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3675番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3675番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3675番について歌番号3675番原文於吉都奈美|多可久多都日尓|安敝利伎等|美夜古能比等波|伎吉弖家牟可母訓読沖つ波高く立つ日にあへりきと都の人は聞きてけむかもかな読みおき...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3612番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3612番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3612番について歌番号3612番原文安乎尓与之|奈良能美也故尓|由久比等毛我母|久左麻久良|多妣由久布祢能|登麻利都ん武仁|訓読あをによし奈良の都に行く人もがも草枕旅行く船...
タイトルとURLをコピーしました