但馬皇女が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1515番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1515番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1515番について歌番号1515番原文事繁|里尓不住者|今朝鳴之|鴈尓副而|去益物乎|訓読言繁き里に住まずは今朝鳴きし雁にたぐひて行かましものを|かな読みこと...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集114番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集114番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集114番について歌番号114番原文秋田之|穂向乃所縁|異所縁|君尓因奈名|事痛有登母訓読秋の田の穂向きの寄れる片寄りに君に寄りなな言痛くありともかな読みあきのた...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集115番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集115番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集115番について歌番号115番原文遺居|戀管不有者|追及武|道之阿廻尓|標結吾勢訓読後れ居て恋ひつつあらずは追ひ及かむ道の隈廻に標結へ我が背かな読みおくれゐて|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集116番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集116番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集116番について歌番号116番原文人事乎|繁美許知痛美|己世尓|未渡|朝川渡訓読人言を繁み言痛みおのが世にいまだ渡らぬ朝川渡るかな読みひとごとを|しげみこちたみ...
タイトルとURLをコピーしました