丹比国人が作者の万葉集

万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4446番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4446番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4446番について歌番号4446番原文和我夜度尓|佐家流奈弖之故|麻比波勢牟|由米波奈知流奈|伊也乎知尓左家訓読我が宿に咲けるなでしこ賄はせむゆめ花散るないやをちに咲けかな読...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1557番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1557番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1557番について歌番号1557番原文明日香河|逝廻之|秋芽者|今日零雨尓|落香過奈牟訓読明日香川行き廻る岡の秋萩は今日降る雨に散りか過ぎなむかな読みあすかが...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集382番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集382番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集382番について歌番号382番原文鷄之鳴|東國尓|高山者|佐波尓雖有|神之|貴山乃|儕立乃|見石山跡|神代従|人之言嗣|國見為羽乃山矣|冬木成|時敷跡|不見而徃...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集383番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集383番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集383番について歌番号383番原文築羽根矣|卌耳見乍|有金手|雪消乃道矣|名積来有鴨訓読筑波嶺を外のみ見つつありかねて雪消の道をなづみ来るかもかな読みつくはねを...
タイトルとURLをコピーしました