阿倍女郎が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集514番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集514番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集514番について歌番号514番原文吾背子之|盖世流衣之|針目不落|入尓家良之|我情副訓読我が背子が着せる衣の針目おちず入りにけらしも我が心さへかな読みわがせこが...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集516番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集516番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集516番について歌番号516番原文吾以在|三相二搓流|絲用而|附手益物|今曽悔寸訓読我が持てる三相に搓れる糸もちて付けてましもの今ぞ悔しきかな読みわがもてる|み...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集269番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集269番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集269番について歌番号269番原文人不見者|我袖用手|将隠乎|所焼乍可将有|不服而来来訓読人見ずは我が袖もちて隠さむを焼けつつかあらむ着ずて来にけりかな読みひと...
タイトルとURLをコピーしました