贈り物

スポンサーリンク
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集810番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集810番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集810番について歌番号810番原文伊可尓安良武|日能等伎尓可母|許恵之良武|比等能比射乃倍|和我麻久良可武訓読いかにあらむ日の時にかも声知らむ人の膝の上我が枕か...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集811番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集811番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集811番について歌番号811番原文許等々波奴|樹尓波安里等母|宇流波之吉|伎美我手奈礼能|許等尓之安流倍志訓読言とはぬ木にはありともうるはしき君が手馴れの琴にし...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集782番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集782番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集782番について歌番号782番原文風高|邊者雖吹|為妹|袖左倍所而|苅流玉藻焉訓読風高く辺には吹けども妹がため袖さへ濡れて刈れる玉藻ぞかな読みかぜたかく|へには...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集625番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集625番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集625番について歌番号625番原文奥弊徃|邊去伊麻夜|為妹|吾漁有|藻臥束鮒訓読沖辺行き辺を行き今や妹がため我が漁れる藻臥束鮒かな読みおきへゆき|へをゆきいまや...
タイトルとURLをコピーしました