船出

スポンサーリンク
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3622番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3622番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3622番について歌番号3622番原文月余美乃|比可里乎伎欲美|由布奈藝尓|加古能己恵欲妣|宇良許具可聞訓読月読みの光りを清み夕なぎに水手の声呼び浦廻漕ぐかもかな読みつくよみ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3623番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3623番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3623番について歌番号3623番原文山乃波尓|月可多夫氣婆|伊射里須流|安麻能等毛之備|於伎尓奈都佐布訓読山の端に月傾けば漁りする海人の燈火沖になづさふかな読みやまのはに|...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3624番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3624番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3624番について歌番号3624番原文和礼乃未夜|欲布祢波許具登|於毛敝礼婆|於伎敝能可多尓|可治能於等須奈里訓読我れのみや夜船は漕ぐと思へれば沖辺の方に楫の音すなりかな読み...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3212番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3212番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3212番について歌番号3212番原文八十梶懸|嶋隠去者|吾妹兒之|留登将振|袖不所見可聞訓読八十楫懸け島隠りなば我妹子が留まれと振らむ袖見えじかもかな読みやそかかけ|しまが...
タイトルとURLをコピーしました