置始東人が作者の万葉集

万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集204番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集204番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集204番について歌番号204番原文安見知之|吾王|高光|日之皇子|久堅乃|天宮尓|神随|神等座者|其乎霜|文尓恐美|晝波毛|日之盡|夜羽毛|夜之盡|臥居雖嘆|飽...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集205番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集205番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集205番について歌番号205番原文王者|神西座者|天雲之|五百重之下尓|隠賜奴訓読大君は神にしませば天雲の五百重が下に隠りたまひぬかな読みおほきみは|かみにしま...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集206番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集206番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集206番について歌番号206番原文神樂之|志賀左射礼浪|敷布尓|常丹跡君之|所念有計類訓読楽浪の志賀さざれ波しくしくに常にと君が思ほせりけるかな読みささなみの|...
万葉集|第1巻の和歌一覧

万葉集66番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集66番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集66番について歌番号66番原文大伴乃|高師能濱乃|松之根乎|枕宿杼|家之所偲由訓読大伴の高師の浜の松が根を枕き寝れど家し偲はゆかな読みおほともの|たかしのはまの|...
タイトルとURLをコピーしました