湯原王

スポンサーリンク
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集671番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集671番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集671番について歌番号671番原文月讀之|光者清|雖照有|惑情|不堪念訓読月読の光りは清く照らせれど惑へる心思ひあへなくにかな読みつくよみの|ひかりはきよく|て...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集634番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集634番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集634番について歌番号634番原文家二四手|雖見不飽乎|草枕|客毛妻与|有之乏左訓読家にして見れど飽かぬを草枕旅にも妻とあるが羨しさかな読みいへにして|みれどあ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集637番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集637番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集637番について歌番号637番原文吾背子之|形見之衣|嬬問尓|身者不離|事不問友訓読我が背子が形見の衣妻どひに我が身は離けじ言とはずともかな読みわがせこが|かた...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集639番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集639番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集639番について歌番号639番原文吾背子我|如是戀礼許曽|夜干玉能|夢所見管|寐不所宿家礼訓読我が背子がかく恋ふれこそぬばたまの夢に見えつつ寐ねらえずけれかな読...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集641番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集641番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集641番について歌番号641番原文絶常云者|和備染責跡|焼大刀乃|隔付經事者|幸也吾君訓読絶ゆと言はばわびしみせむと焼大刀のへつかふことは幸くや我が君かな読みた...
タイトルとURLをコピーしました