橘奈良麻呂が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1581番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1581番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1581番について歌番号1581番原文不手折而|落者惜常|我念之|秋黄葉乎|挿頭鶴鴨訓読手折らずて散りなば惜しと我が思ひし秋の黄葉をかざしつるかもかな読みたを...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1582番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1582番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1582番について歌番号1582番原文将見|人尓令見跡|黄葉乎|手折曽我来師|雨零久仁訓読めづらしき人に見せむと黄葉を手折りぞ我が来し雨の降らくにかな読みめづ...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1010番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1010番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1010番について歌番号1010番原文奥山之|真木葉凌|零雪乃|零者雖益|地尓落目八方訓読奥山の真木の葉しのぎ降る雪の降りは増すとも地に落ちめやもかな読みおく...
タイトルとURLをコピーしました