春日蔵首老が作者の万葉集

万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1717番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1717番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1717番について歌番号1717番原文三川之|淵瀬物不落|左提刺尓|衣手|干兒波無尓訓読三川の淵瀬もおちず小網さすに衣手濡れぬ干す子はなしにかな読みみつかはの...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1719番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1719番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1719番について歌番号1719番原文照月遠|雲莫隠|嶋陰尓|吾船将極|留不知毛訓読照る月を雲な隠しそ島蔭に我が舟泊てむ泊り知らずもかな読みてるつきを|くもな...
万葉集|第1巻の和歌一覧

万葉集56番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集56番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集56番について歌番号56番原文河上乃|列々椿|都良々々尓|雖見安可受|巨勢能春野者訓読川上のつらつら椿つらつらに見れども飽かず巨勢の春野はかな読みかはかみの|つら...
タイトルとURLをコピーしました